ホーム 会社案内 店舗紹介 薬局機能 トピックス 採用情報 お問い合せ
調剤業務
お薬ができるまで、どうして待たせるの?

いつもお待たせして申し訳ございません。お待たせするのには理由があります。

皆さんのお薬は、こうして出来上がります。
処方せんを受け取ってから、私たち薬剤師はたくさんの確認をいたします。
決して間違いは許せませんので、確認は何回でも、それぞれの段階で行います。
患者さんに合ったお薬をお渡しするために、時には患者さんのかかりつけの医師に確認をとることも行います。そのような、数々の手順を踏んでの調剤ですから、少し時間が掛かります。
1 処方せんを受け付けます
  処方せんを受け取ったあと、アンケートにお答えいただき、患者さんが、今まで飲んだお薬について
(薬歴)お聞きします。
処方せんの内容を確認して、不明な点があれば、かかられた医師に直接確認させていただきます。
2 薬袋を作ります
  飲み方を記入した薬袋をお薬ごとに作成し、まずは処方せんと合っているかを確認いたします。
3 お薬を調剤します
  お薬ごとに、その形に合わせて調剤を行います。調剤に時間が掛かるものもあります。

★ 1包化調剤も承ります。
一包化調剤とは、たくさんの種類のお薬を飲んでいる方や、飲み方が複雑な方に、かかりつけ医師の指示をいただいて、1回分を1包にすることです。
シートから取り出すのが困難な方も、お気軽にご相談、お申し出下さい。
4 お薬の確認作業をします(最終監査)
  最終的に、処方せん通りに集められたお薬を、薬袋に入れる前に再度確認します。
包装の破れ、異物混入、重量などをひとつひとつ確認します。
5 お薬の飲み方を説明します
  お渡しするお薬に関して、ご説明をさせていただきます。
毎回同じお薬でも、注意事項をご確認いただくため、改めて説明させていただいております。
 
 
   
プライバシーポリシーリンク