ホーム 店舗紹介 事業案内 薬局機能 トピックス 採用情報 お問い合せ
ご挨拶
 
はじめに

急速に高齢化が進む日本、一方、テレビや新聞などで報道されているとおり、日本は社会での緊張や摩擦が、どんどん強まりつつある状況が進んでいます。
このような社会にあっては、いろいろな病気が増え、生命や健康を守るために「薬」が重要な役割を果たしています。

薬は、体の機能に作用を及ぼし、病気の診断・治療・予防に働くものであります。
もちろん、生命や健康に直接影響を及ぼすものですから、薬事法という法律で、研究開発から製造方法、販売の仕方まで非常に厳密な規制がなされています。

薬を安心して使うためには、いろいろなことに注意をする必要があります。
それらは、薬がきちんと作られるための要件・・・・・有効性・安全性・品質など、そして薬が正しく使用されるための要件・・・・・情報・価格・供給などです。

現在、薬は「情報のかたまり」といわれており、情報がなければ正しい使い方はできません。つまり、情報の伝達という要素が、現在の薬局に求められている一番重要な部分になってきています。
私たちひまわりグループの各薬局は、薬物治療における将来の姿を模索して、より患者さんに後見できる可能性を追求するとともに、お互いの利害を乗り越えて、協力体制を構築することを目的として発足した小さな小さなグループです。

業務の内容は、医薬分業による調剤業務とともに、医薬情報の統括的なデータの構築と情報の発信の可能性を模索しています。
それぞれの薬局が、地域に密着した薬局として、質の高いサービスの提供、情報の提供を目標に、薬剤師の役割と可能性を常に考えながら、その専門知識を生かして、明るく健康的な社会生活に貢献していきたいと考えています。

社会的意義を第一に考え、少しでも患者さんのお役に立てるよう、また地域保健医療に貢献できるよう、限りなき努力をしていくことをグループの誓いとしています。

ひまわりグループ 代表 山口 利道
 
プライバシーポリシーリンク