ホーム 会社案内 店舗紹介 事業案内 薬局機能 採用情報 お問い合せ
トピックストップ | くすりの話A
 
 
くすりの話 @・・・くすりの保管  
あなたの家にはどんなくすりがありますか?風邪薬、胃腸薬、目薬、ビタミン剤……。医師に処方された抗生物質や血圧のくすりなど、色々あるかもしれませんね。でも、その保管方法は大丈夫でしょうか?

薬を保管する時のポイントは、高温、湿気、直射日光を避けること。多くの場合、「直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい場所」と書いてあるはずです。

日本薬局方では、「常温:15〜25℃、室温:1〜30℃、冷所:1〜15℃」と定めています。室温保存のくすりは、30℃を超えないように、少なくとも直射日光は当たらないように注意しましょう。

室温で保管する薬は、乾燥剤とともにまとめて密閉容器に入れて、子供の手の届かない所に置くのが安全であると思います。飲みやすいように甘みや香りをつけた薬もあり、小さな子供がお菓子と間違っては大変です。ふたの部分が工夫され、押しつけながら回さないと開かない誤飲防止キャップを採用しているものも最近は見られますが、くすりは子供の手の届かない所に置くのが一番です。

湿気が少なくて、涼しく、暗い所といえば冷蔵庫を思い浮かべますが、錠剤、カプセル剤、粉薬を冷蔵庫に入れて保管すると、取り出した時に室温との温度差で湿気を帯びたり、容器に結露することもあるので、あまりお勧めすることはできません。

保管に特別の注意が必要なくすりには、薬袋や容器に具体的な保管方法が書かれ、薬剤師が説明するはずです。例えば、坐薬は体温で溶けるようになっているので、普通、冷蔵庫で保管します。私どもの薬局では、薬袋に「冷所保存:冷蔵庫に保管のこと」というスタンプを押して、患者さんに注意を促しています。

気温が上昇する夏場になると水薬や軟膏、点眼薬などを冷蔵庫で保管するということをよく耳にしますが、決して冷凍庫には入れないでください。凍結させると、成分が変化するものもあるからです。

くすりの保管で最も注意が必要なのは、夏場の車の中でしょう。車での長期の旅行や営業などで毎日使わないからといって、くすりを車内に放置するようなことは絶対にしないでください。
 
   
 
プライバシーポリシーリンク