ホーム 会社案内 店舗紹介 事業案内 薬局機能 採用情報 お問い合せ
トピックストップ | くすりの話B
 
 
くすりの話 B…使用期限が過ぎたら  
2007年を振り返ってみると、食品の期限切れ販売・期限切れ改ざんと偽物食品の情報が次々に暴露され食品への不信感募った一年でありました。毎年、清水寺の館長が、一年を振り返って選ぶ漢字一文字も「偽」という字でありました。

しかし、「消費期限」「賞味期限」も一般には区別つかず、そのためにもより一層混乱した様子でした。ここで、「消費期限」「賞味期限」について公式の見解を整理してみましょう。

「消費期限」とは、次の2種類があります。
1.食品の消費期限:製造者が定めた、ある保存方法で概ね5日間経つと品質劣化する長時間保存できない食品の食用可能期限。
2.食品以外の消費期限:化学変化を利用したり、あるいは時間の経過によって想定していない化学変化の発生する工業製品に製造者が定めた期限。

「賞味期限」とは、劣化が比較的遅い食料品を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、製造者が安全性や味・風味等の全ての品質が維持されると保証する期限を示す日時です。この表現の期限は、衛生面による問題よりも品質を問う部分に依存するため、主に長期間衛生的に保存できる加工食品に用いられます。食品衛生法の規定では、かつては「品質保持期限」と表示されていたが、2003年2月18日に統一されました。

食品以外の消費期限では、電池、使い捨てカイロ、写真フィルム、医薬品、コンドーム、プリンターのインク・トナー、自動車内に備え付けてある非常用に発煙筒などがあります。これら化学変化によって機能する製品に対して、時間の経過とともに品質が劣化する品物にも使用期限が設定されています。

アルカリ電池等の大電流を発生させられる電池ほど劣化しやすく、長期間使用される時計に利用されると、劣化して価格の割には使用期間が短いだけでなく、液漏れなどにより使用機器に悪影響を与える危険も大きいし、医薬品の場合は、副作用の原因となり、コンドームの場合は使用中の破損などで避妊の役をなさなくなるし、発煙筒の場合には期限切れは車検が取れなくなります。

では、薬剤師として、「くすり」の使用期限について考えてみたいと思います。くすりにも使用期限があります。OTC薬(一般用医薬品)では、箱や瓶に記載されています。医師から処方されたくすりには期限が書かれていないのは、処方されたくすりはすべて指示された期間内に服用することが前提になっているからです。

このOTC薬(一般用医薬品)に使用期限も、開封されずに医薬品メーカーから出庫された状態での使用期限であり、開封されたものはこの通りと考えるのは少し危険な面があると思われます。
 
   
 
プライバシーポリシーリンク